エミコ先生の足靴情報

注目!スーパーフィットニューモデル!「ラッシュ・ミニ」

こんにちは!シューズコンシェルジュの中の人、
エミコです。

今日は、子どもの歩きを変える靴。
スーパーフィットのニューモデルのご紹介です。
その名もラッシュ・ミニ

最高にカッコいい子ども靴「RUSH」シリーズは、
スーパーフィットの新しいカジュアルスニーカー。
その中でもラッシュ・ミニは、
筋力がまだ十分でない子どもに適した、
非常に軽くて柔軟なアウトソールと
アッパーは、テクノレザー/テキスタイルの
コンビで作られていて、
明るいメッシュの履き口のアクセントが、
子どもの心をくすぐります。
.
かかとの補強、つま先の保護に加えて、
優しいフィット感は、スーパーフィットのニュー
モデルの新しいコンセプトで、もはや当然。
.
木型はドイツWMS規格の「M4中間~やや幅広」
で、かかとの締りは細めながら(ココ大事!)
足幅とつま先は比較的広めのモデルで、
スクエア型の足足のかたちにはタイプがある見てね
ゆびの丸まりが心配なお子さんにものびのび
履いていただけます。
.
ただし!足幅のことだけを考えてしまうと、
足の3点アーチがうまく形成されにくく、
その結果、幅広で低アーチな足が作られていく
場合の弊害を考えないといけません。
.
そのためにも、足の真ん中辺りからうしろは
(足のウエスト部とかかと部)は、キュッ!と
しまっている靴が必要なんですよ。
.
ちょっと難しいですか ?
このお話はまた別記事で書きますねっ♬

 

アウトソールは、軽さだけではなく安定感を
考慮した「フレア型ソール」になっています。

土踏まずの落ち込みやオーバープロネーション*
防ぐためのガードもついている優れもの。

さらに2本のターンバック(折り返しのW型)
ベルクロ
は、甲の高さに対する調整ができます。

▶︎どちらかというと甲は薄いけれど足幅は幅広と
いう日本の現代っ子によくみられる足のタイプに
合う木型です。

インソールは、革とクッションマテリアルの2層
構造で汗かきな子どもの足裏の汗を吸湿しながら、
足あたり
もソフトです。

取り外し可能で必要に応じて足の状態に合わせた
機能的インサートと交換できます。

….ということで、
今まで、インポートの子ども靴は、日本の子ども
には
「重すぎる、幅が細い、靴底が硬すぎる」と
いう
先入観をお持ちだった皆さーん!!

ラッシュ・ミニを手にしてもらえれば
その概念は、
新しい靴だけに見事に覆ります!
(はい、ここ笑うとトコです。よろしく♪)

こんなにたくさんの機能が盛りだくさんな
(でも未完成な子どもの足に対して必要な)
ラッシュ・ミニは、ベビーからキッズへ
移行するスニーカーデビューの子どもたちのため
の普及価格として、インポートでは破格のなんと!
9,800円
(税別)で登場✨(いいのかなー ? )

 

サイズは、EU25(足のサイズ14.8 〜 15.3cm)から
EU28(16.7 〜 17.2cm)まで展開してます。

カラーは「ライトグレー/ブルー」

 


「ネイビー/オレンジ」
女子のお約束のキラキラ、エフェクト加工された
「ライトグレー/ピンク」

「ライトブルー/ピンク」
大量に輸入しましたが、ぜひ、お急ぎください。

この夏は、ラッシュ・ミニで、外遊びもクールに
再開してくださいねっ!

エミコ先生の解説

*オーバープロネーションとは?
かかと周りの関節は、歩行や走行時に内側に軽く回転(回内)して、地面からの衝撃を受けすぎないように和らげています。この自然な動きをプロネーションと言います。オーバープロネーション(過回内)とは、その動きが大きすぎる状態です。足部のオーバープロネーションが続くと足のアーチ構造を活かした歩行や運動ができないために、疲れや怪我の誘引となります。

足の骨格の歪みは、脚部の角度や向き、動きと連動するため、膝、腰、からだ全体にも影響します。骨格ができあがっていく過程で、体格もどんどん大きくなる子ども時代は、まずは、かかと周りを支えてくれる靴の選択は、何より優先して大切です。

選び方に迷った時は かんたんタップ靴選び

—–
▼年齢から、選択(さすがにこれはわかりますよね?)
▼つまさきの形状から、選択(よく観察してみて)
▼足幅から、選択(ちょっと難しい? 三択ですから!)
▼かかとの形状(これ大事なんです!観察してみてね)
—–

お子さまの足に合うかどうかの確認が、

めちゃめちゃかんたん。空前絶後超絶かんたん。
タップするだけで足に合う靴に辿り着ける♬

使ってみてよかったら、
かんたんタップをぜひ広めてくださいね〜💕

関連記事一覧